らぼらとり

koutya07の日記、備忘録

20170811 トレード結果

ドル円のショートです。

トレード1は8/8、トレード2は8/10にやりました。

 

4時間足

f:id:koutya07:20170812044308p:plain

かなり下の方まで差し込んできているがデイトレレベルならまだ戻り売りをやる余地はありそう。

普通に線引いて戻り売りを待ち構える。

 

1時間足(トレード1)

f:id:koutya07:20170812044917p:plain

まんなかの青い帯はかなり強くて、ここを下に割ってからの戻りはずっと待っていました。

上をしっかり抑えてからトレンドをつけて下げてきて、MA3本にも絡んでいるのでかなりチャンスだと思いました。

 

5分足(トレード1)

f:id:koutya07:20170812045429p:plain

結果はこんな感じでした。

戻しが強くてなんとなく嫌だったのでサクっと確定しました。

なんとなく1時間足の形に違和感というか、本気下げするなら最後のひと戻しがあってからかなという感じがしました。

どこで一回大きい戻しをいれるかな?と考えたらこの辺っぽいなと思いました。

そう考えると、その最後のひと戻しの直後が最大のチャンスとなるので

「あートレード終わったー、ゲームでもやるか〜」

ってなっちゃいけない場所でした。

その後の本気下げは取り逃しました。見てたらイケたかな・・・?

なんだか前も全く同じミスをした気がします。

 

 

1時間足(トレード2)

f:id:koutya07:20170812050433p:plain

トレード2は自分的にはかなりGOODなトレードだったと思います。

高値安値をしっかり切り下げてきて、強い所を抜いた後の戻り目。

20MAでも抑えててかなり勝率高めに見えます。

4時間足を見ると下のスペースに抵抗帯がないというか、スッと行きそうな感じになってて値幅も取れそうだなと思いました。

 

トレード2(5分足)

f:id:koutya07:20170812050951p:plain

エントリーはちょい遅かったです。

ゲームしすぎました。

でも、シチュエーションは完璧なので正直どこで入ったって勝てると思います。

「戻り目待ちに戻りなし」

みたいな格言があったような気がしますが、根元の一発目を逃したのにエントリーできたのはラッキーだったと思います。

まぁまぁ値幅がとれて(50pips)、それなりに強い所まできたので1分足のトレンドライン割りでサクっと決済しました。

20170720のトレード記録

4時間足

f:id:koutya07:20170731165755p:plain

切り下げラインに引きつけてショートが有効だと思います。

こうみると、わけわからないところでエントリーしている気がします。

(トレードしたときはオレンジの切り下げラインは引いていませんでした・・・)

 

1時間足

f:id:koutya07:20170731170019p:plain

トレード1が①、トレード2が②です。

Aラインを使った戻り売りをイメージしていました。

 

①は微妙だと思いました。確かにAラインからの戻り売り風となっているのですが、ラインから36pipsも離れた所からのエントリーです。

 

①よりも②のほうが、斜めの切り下げラインからの反転を使用しているので、より良いトレードだと思います。チャネルを引けていれば、①より②のほうが下にスペースがあります。

 

②は残念ながら大きく伸びることはありませんでした。

本命の下げはその次の戻りからでした。

これもしっかりトレードするべきでした。

1トレード終えてホッとして寝てしまっていました。

これも、斜めの線を予め引けていれば逃すことはなかったのかなと思いました・。・

 

 

トレード① 5分足

f:id:koutya07:20170731170614p:plain

同値撤退となりました。

 

トレード② 5分足

f:id:koutya07:20170731170700p:plain

+16pipsほどでした。

 

トレードの翌日、この形に「ハーモニクスパターン」という名前がついていることを知りました。

かなりピタピタのバチバチで形が形成されていました。1日早く知っていればよかった。

20170731 ドル円 日足のライン

日足

f:id:koutya07:20170731161803p:plain

色々な人を参考にして、少し線を引いてみました。

 

①から②にかけての切り下げライン「A」

「A」を下に平行移動した「A’」

 

2017年の1月から4月の末あたりにかけてはこの「A〜A’」のチャネルで動いていたんだなということでしょうか。

 

その後、5月に入りライン「A」を上に抜きました。

④のダブルボトムは「A〜A’」のチャネルの中に引けるライン上でピタリでした。

 

④からの上昇はライン「A」を上に抜いてからの戻りを拾うと、かなり良い形で2回取れたポイントでした。(自分は1回だけ取れました。)

 

現在は③から④にかけての切り上げライン「B」と、それを上に平行移動した「B'」のチャネルに沿って上昇するのか、または「A〜A'」のチャネルに再び戻っていくかの争点に価格を付けていると思います。

 

不安な点としては、④があまり安値が揃っていないダブルボトムの形になっていて、③〜④のラインがピタリで引けていない可能性があるというところです。

20170712 ドル円 今日のトレード +35.4pips

 日足

f:id:koutya07:20170712161957p:plain

先月高値まで上昇した後、少し揉んで下落

MAは上向き

 

4時間足

f:id:koutya07:20170712162416p:plain

短期割れ・中期長期はまだ上昇中

押し目からの上昇も見えそうな形。

しかし、ストーリーとしては

1.先月高値(日足ロンガーが一旦目標にしそうな場所)に既に到達している

2.目標値を2度付けてダブルトップからネックライン割れ

3.綺麗にサポレジが引ける戻りを付けた

ので、早めの売りを考えても良いのではないかと考えた。

リスクとしては、4時間足の中期MA・長期MAには逆らう形であるので、安心して放置できるような場面ではない。

 

1時間足

f:id:koutya07:20170712162957p:plain

ダブルトップ反転から戻り形成

短期・中期MAを割込んだ

 

5分足

f:id:koutya07:20170712163433p:plain

③の後、安値を切り上げた波を作り始めたので④に決済ラインを移動させ、終了した。

1時間足200MAで買い勢力が入ってきた為と思われる。

 

 

 

今後の展開としては、1時間足では短期・中期を割っているので売りを考えたい。

しかし、長期で一度揉み合ったので、その価格帯をしっかり下抜けしたあとの戻り売りが本命です。

20170703 ドル円 今週の構想

4時間足

用意しているラインはこのあたりです。

f:id:koutya07:20170703090625p:plain

短期MA・中期MAは綺麗な右肩上がりを描いているので、ラインに引きつけて押し目を買っていきたいです。

長期MAはよくわからないのですが、これを割ってきたら本格的に上昇は終わりかなというラインとして使ってみようと思います。

 

 

1時間足

f:id:koutya07:20170703105329p:plain

週明けは30ポイントほど窓をあけました。

急下落後の値動きであまりラインを引けそうな場所はないのですが、今現在は112.19あたりでの押し目買いを狙っています。

目標値としては窓埋めの112.43あたりが一度抵抗となるかもしれませんが、欲張るなら4時間足直前高値の112.60まで伸びてほしいです。